【マナー】箸文化の日本には、様々なお箸のマナーがあります

子どもの頃、食事中に大人からあれこれ注意を受けて来ましたよね。
そして、現在子どもにマナーを教えている最中の方もいらっしゃるでしょう。
箸文化の日本には、様々なお箸のマナーがあります。
箸の持ち方・使い方の作法は、一緒に食事をする人を不快にさせないために不可欠です。
お箸で嫌われる行為は「嫌い箸」と呼ばれ、大人でも知らず知らずのうちにしていることがあります。
そこで、改めてお箸のご法度について確認しておきましょう。

【食べる前の作法】
左右ふぞろいの箸を使うことを「竹木箸」。
箸を逆さにして使うことを「逆さ箸」。
割り箸を割った後、箸同士をこすってささくれを落とすことを「こすり箸」。
箸を握って使うことを「握り箸」。
これらは、食べる前からマナー違反です。

【食事を取る作法】
料理の上であちこち箸を動かすことを「迷い箸」。
料理の中身を箸で探ることを「探り箸」。
料理を取ろうとするが、やめてしまうことを「空箸」。
一度取りかけた料理を置き、別のものを取ることを「移り箸」。
料理を取る際もマナーがあります。

【食事中の作法】
食べ物を箸で刺して食べることを「刺し箸」。
箸の先をなめる行為を「ねぶり箸」。
箸先についたご飯粒を口で取ることを「もぎ箸」。
料理を口にかき込んで食べる行為を「込み箸」。
箸を両手に一本ずつ持って、料理を切ることを「ちぎり箸」。
箸先から汁が落ちる様子を「涙箸」。
箸についた汁や料理を振り落とす行為を「振り箸」。
料理を口へ運ぶ際、運んだ後もマナーがあります。

【箸休めの作法】
箸を使って器を引き寄せることを「寄せ箸」。
箸で器を叩くことを「叩き箸」。
箸をご飯に刺して立てることを「立て箸」。
箸を持ったまま、おかわりすることを「受け箸」。
箸を持ったまま、別の器に持ちかえることを「持ち箸」。
食事中は、箸を置いて休ませるのもマナーです。

【会食の作法】
箸で人や料理を指差すことを「差し箸」。
同じ器から二人同時に料理を取ることを「二人箸」。
箸同士で料理を受け渡すことを「渡し箸」。
自分の箸で料理を取り分けたり、他の人の器に料理を移したりすることを「直箸」。
誰かと食事をする時に気をつけるマナーです。

【完食時の作法】
箸を器の上に渡して置くことを「渡し箸」。
箸を爪楊枝代わりに使うことを「楊枝箸」。
食べ終えた後もマナーがあります。

様々な嫌い箸が出てきましたが、私がついしてしまうのは「持ち箸」です。
お茶碗を持ってご飯を食べたら、箸を置かずにお味噌汁のお碗を手にしてしまい、箸を度々置くなど意識しません。
しかし、度々箸を置くことで、よく噛んで食べることができ、食べすぎを防げたりします。
嫌い箸を知っておくことで、いざというとき役に立つはずです。
美しい箸のマナー、身につけておきたいものです。

40代女性