【使いはじめ】料理をおいしく仕上げるのであれば鉄製フライパンを使ってみよう【俺の料理】

同じ材料を使っても、お店で出てくる味と違う。もっとおいしく日々の料理を味わうことができないか。


自炊をする人にとっては永遠の悩みです。


日々自炊を行って、ある程度のレベルに達していくと、作るというより、味にこだわり始めます。


そんなときに、簡単に自分の料理のレベルを一段階上げてくれるのが、鉄製品、特にフライパンの存在になります。


家庭で自炊をするときに使われるフライパンは、テフロン加工のものを使う方が多いと思います。


こびりつきにくいですし、手入れもいらないため簡単です。


主婦にとっては魔法の調理器具と言っても過言ではありません。


しかしながら、特にお肉系の食材の場合、うまみを出してくるのは焦げ目(正確には焦げではないのですが)です。


真っ黒になってしまっては、うまさも何もありませんが、適度な焦げ目というのはその食材の味を何倍にもしてくれます。


テフロン加工は、焦げないことが目的となっていますので、この焦げ目をつけるのは非常に難しいです。


そこで登場してくるのが鉄製のフライパンです。


鉄製のフライパンは焦げる、重い、扱いにくいと思われていますが、そんなことはありません(重いは重いですが)。キチンと使い方を間違えなければ、テフロンでの調理では引き出せなかった食材のうまみを引き出してくれます。


鉄製のフライパンは、まず火入れという作業が必要になります(不要と書かれているものはいりません)。


買ってきて、いきなりお肉を焼いたりすると、焦げ付いてしまいます。


まずは、購入後、さっと水洗いを行い、フライパンをコンロでカンカンに熱します。青く変色しますが、それが正常です。煙りが上がり始めたら油を敷いてなじませていきます。


フライパンに油が回りましたら、クズ野菜を投入します。キャベツの芯や玉ねぎの頭とか、使わない、本来捨ててしまう野菜を放り込みます。それらを炒めてあげると、どんどんフライパンが油を吸っていき、焦げないフライパンの準備が完成します。


なお、フライパンを洗う際に洗剤はご法度です。


フライパンに住み込んだ油が焦げ付きを防止してくれるので、それを洗剤で落としてしまっては意味がありません。


洗う際は、洗剤なしで、たわしなどで擦り落とす。これだけです。


洗い終わった後は、再度フライパンを火にかけます。煙が上がったら終了です。


これほどの高温で生きていられる雑菌などいませんので、安心してください。


料理をするたびにフライパンには油がしみこんでいき、こびりつかない鉄製のフライパンが出来上がっていきます。


鉄製のフライパンは、テフロンのフライパンでは出せない味を引き出してくれます。


同じ食材を使っても、鉄製のフライパンで作ったほうが、何段階も上の味に仕上がります。


騙されたと思って、ぜひ鉄製のフライパンに挑戦してみてください。

50代男性