ダイエット中だけれども春巻きが食べたい「アスパラガスとチーズとハムの春巻き」

揚げ物が好きで、その中でも特に春巻きが大好きです。
そのような事を言っていると、まるで中高生みたいですが、実は50代中年期真っ盛りなのです。
代謝が年々落ちているので、以前と同じような食生活をしていると、どんどん太ってしまいます。
それでも食生活は、急には変えられません。
太りたくないけれども、春巻きを食べたい、どうしよう?の一心で、油を極力減らし、そして春巻きの具材のカロリーを抑えたものを考えました。

「アスパラガスとチーズとハムの春巻き」

春巻きの材料 10本分

細めのグリーンアスパラガス 10本
溶けないタイプのチーズ 適量
ハム 5枚
春巻きの皮 10枚

1.グリーンアスパラガスをお湯でさっとゆでます。
2.溶けないタイプのチーズを拍子切りに切ります。
3.ハムも拍子切りに切ります。
4.グリーンアスパラガスは二分の一に切ります。
5.春巻きの皮の手前に、切ったグリーンアスパラガスとチーズ、ハムを並べてます。
  手前から折り、その後左右を折って、その後、又手前から折っていくように包んでいきます。
6.5までの手順で10本作りましたら、テフロンのフライパンに少しだけ油を入れます。
  油が熱して来たら、春巻きをお鍋の大きさに合わせて入れていきます。
7.弱火で焦げないように、じっくりと焼いていきます。
8.表面がパリッとしてきたらお鍋から取り出します。
9.春巻きの具材は、そのままでも食べられる状態なので、中に火が通るか気にしなくて大丈夫です。
  チーズが少し柔らかくなっているかが、出来上がりの目安です。
10.お皿に盛りつけて、そのままでも美味しいですが、お好みで練りからしをつけてお召し上がりください。

春巻きの皮は油で揚げるように、キツネ色にはなりません。
白くて、ところどころに焼き目が付くくらいですが、パリッとして揚げた春巻きの様な食感に近いものは出来ます。
あっさりとしていて、チーズの塩気があるので、お醤油をつけなくて済むので塩分を気にしている人にもおすすめします。

春巻きの皮は、一袋10枚入りで売られていますので、一回で10本作れます。
それだと3〜4人分だと思う人が多いでしょうが、アスパラとチーズとハムのアスパラは、くどくなく食べやすいので、1人4本くらいはついつい食べてしまいます。
ダイエット用にと考えた「焼き春巻き」なのに、そのような食べ方をしたら太るので、それは本末転倒ですよね。
どうぞ、くれぐれも美味しく出来上がっても、食べ過ぎないようにご注意してくださいね。

50代女性